※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 国家の安全と首相の本気度 ★

◎ [HRPニュースファイル196]
琉球王の如く振る舞う沖縄の仲井真県知事―国家解体を目論む「道州制」「地域主権」の危険性

野田首相は26日、就任後、初めて沖縄県を訪問しました。
本来、重要な問題を抱えた沖縄県には、就任直後に訪問すべきであり、
就任から半年後の訪沖は、遅きに失したと言えます。

野田首相がこれまで沖縄入りしなかった理由は、2度の沖縄入りで話をこじらせた鳩山元首相、
3度も沖縄入りしながらパフォーマンスに明け暮れた菅前首相の轍を踏みたくなかったからでしょう。

そこで思いついたのが、民主党得意の「おわび」作戦です。
民主党政権が招いた混迷を率直に詫びた上で、仲井真氏と一から信頼関係を構築し、
普天間移設の筋道を立てようという戦略です。

しかし、26日夜、首相と二人だけの会食で、仲井真知事は
「辺野古移設は大変難しい」
「移設を実現するなら県外の方が早い」
と従来通りの答えを伝えました。
これに対し、首相から明確な答えはなかったといいます。

そもそも、米軍普天間移設問題を「最低でも県外」と言ってひっくり返したのは民主党政権です。
そして、その後、「地域主権」を掲げる民主党が、地元の意向をおもねるあまり、
リーダーシップを発揮できず、日米同盟の亀裂を招きました。

今、「大阪維新の会」の橋下市長の政策がマスコミに取りあげられ、話題になっていますが、
橋下氏も訴えている「道州制」や「地域主権」を目指すことが良いことのように言われ、
この動きが国内で活発になっています。

しかし、普天間移設問題が暗礁に乗り上げたことを教訓に、
「道州制は国防危機をも招く」ことを知らなくてはなりません。

今回の普天間基地問題のこじれ一つ取ってみても、
道州制や地域主権の下では「地方政府」の暴走によって
国家レベルの外交・安全保障政策が遂行できなくなる危険が非常に強くあります。

現に、「朝貢外交」の如く、首相や閣僚が深々と頭を下げ続けても、仲井真知事は、
まるで「琉球王」であるかの如く振る舞い、「上から目線」で全面拒絶し、
国家の主権や安全保障を揺るがし続けています。

沖縄は日本から独立し、米国を追い出し、中国と交流を深め、
「琉球自治区」を目指しているように見えます。

現在進行形で、私達は「地方政府の暴走が国防危機、国家解体を招くとはこういうことだ」
という見本を見せられています。

さて、27日には、首相は重要な「移設先」も見ることになりますが、
なんと、名護市辺野古には、ヘリでさっと上空視察するだけになったそうです。

これでは、首相の本気度は疑われます。「普天間固定化」を防ぐためなら何としても、
自らの足で辺野古に立ち、視察し、移設賛成派・反対派住民と対話すべきです。

27日午前中の会談で首相は知事に「辺野古が有効」と伝えたと報じられました。

そうであるならば、野田首相は「国防は国家の責任と権限」であり、
首相はその「最高責任者」であると自覚し、ドジョウの如く泥の中に逃げるのではなく、
悪役を買う覚悟で毅然とした態度で臨むべきです。

また、「原発ゼロ」状態が近づいていますが、同じく
、野田政権は現場の自治体に判断責任を押し付けるのではなく、
国家がリーダーシップを持って、原発の再稼働に向けて尽力し、決断すべきです。

「おわび」だけでは、物事は前進しません。
首相が国の安全保障に対して、このように弱腰では、国内、国外ともに信頼されることはないのだ、
と知るべきです!(文責・竜の口法子)
———-
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
「国防の為の戦力」に乏しいとされる日本。
今は「アメリカに守ってもらうほかに道はない!」ということですね。    Body Art

Comments are closed.