※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ インフラの寿命 ★

◎ [HRPニュースファイル187]進むインフラ老朽化~
「公民連携(PPP)」で財政負担を減らせ!

現在、国会において平成24年度予算案が審議されていますが、
「増え続ける社会保障費や年金・医療に対処するため」と称して
「税・社会保障の一体改革」大綱が閣議決定され、増税に向けて加速しています。

しかし、今後増え続ける歳出について、
社会保障費以外に予算案に計上されていない隠れた潜在的社会リスクとして、
「インフラの老朽化」が指摘されています。

このことについて、2月14日付サンケイビジネスアイで、小林隆太郎氏が「進むインフラ老朽化」として以下のように述べています。⇒http://goo.gl/OzE5O

「日本のインフラは、東京五輪が開催された1964年前後に建設、整備されたものがかなり多い。
したがって、これらが一斉に現役引退の時期を迎えることになる。

今後20年以内に、建築後50年以上経つ社会資本の割合が50%以上を占めるとみられているのだ。

国土交通白書などによると、2009年時点で、
20年後に築50年以上となる割合は分野別で、
道路・橋の51%、河川管理施設は51%、下水道管渠22%、港湾岸壁48%といった具合だ。

また、全国の上水道資産は40兆円あるといわれ、
このうち高度成長期に整備された多くの施設が更新期を迎える。
そのピークとなる2020年までに毎年約7,500億円もの投資が必要になるとみられている。

とはいえ、自治体水道局などの事業者のうち、財政的に余力のあるところは少ない。
老朽化していく道路や橋、水道などのインフラ更新には
今後50年間で合計190兆円もかかるとの国交省の試算もある。

2037年ころにはインフラの維持管理と更新に必要な費用を公共事業予算で賄えなくなり、耐用年数を過ぎた道路や橋がそのまま放置される恐れが出てくる。もっと早い時期に維持管理費を捻出できなくなるとの試算もある。」

超少子高齢化の中で、
高度経済成長に作られたハコモノを維持管理し続けていくことに限界が来ており、
増税で対処することは至難の技とも言えます。

このような状況を打開する切り札として期待されているのが、
「公民連携」(PPP:Public-Private Partnership)という考え方です。

「公民連携」(PPP)とは「民間にできることは民間に委ねる」「官から民へ」の方針の下、
「小さな政府」を志向し、財政負担の圧縮を図りながら、
民間事業者の資金やノウハウを活用して
社会資本の整備や公共サービスの充実を図ることです。(PFI/PPP推進協議会HPより)

象徴的な事例としては、アメリカのサンデイ・スプリング市の試みが有名です。

同市(人口約10万人)は、2005年に市政全体を民間企業に委託し、
市長1名、市職員4人しかおらず、包括的な自治体運営の効果として、
半分以下の予算規模に効率化されたとの試算もあり、
近隣市の固定資産税率の半分以下に減税されています。

公民連携(PPP)は、行政を公務員によるお役所仕事ではなく、
創造的なマネジメントによる経営努力で
「小さな政府」や減税を実現させる大きな可能性を有しています。

更に公民連携(PPP)は、アジアの成長を経済成長につなげるために、
電力供給・道路鉄道等の交通網・上下水道・通信などの社会インフラ整備を輸出産業にしていく、
国家プロジェクトにおいてが重要な可能性を担っています。

経済成長著しいアジアでは2010年から10年間で、
インフラ整備のニーズが8兆ドル(約622兆円)規模にも上るとされています。
(1/26 SankeiBiz「インフラ輸出官民連携で攻勢」http://goo.gl/NoqNP)

また、先進国における財政状況の悪化により政府開発援助(ODA)が削減されており、
新興国の多くにおいても、社会資本の拡充に充てる財源が無く、
民間や公的資金を必要としており、
公民連携(PPP)の手法が期待されています。

野田・民主党政権が考えているように「増税だけが財政再建の解決策」だというのは、
余りにも知恵が不足しています。

公民連携(PPP)を活用することにより、
「財政負担の削減」と「経済成長」を
両立させることが可能となるのです。(文責・小川俊介)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

私たちの便利な暮らしに欠かすことのできない
道路や橋、上下水道 等々・・・古くなったら新しくしなくちゃならない事、
恥ずかしながら、考えた事は無かったです。
また、その寿命がいっぺんに来るということについて、初めて知りました。  Body Art

Comments are closed.