※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 日本が中国の植民地になる?! ★

[HRPニュースファイル274]沖縄本土復帰40周年――日本のチベット化を許してはならない!

5月15日、政府と県により沖縄復帰40周年記念式典が沖縄県宜野湾市で開催されました。
(5/15 首相官邸HP⇒http://goo.gl/kJ84R)

野田首相は、仲井真知事に対して、アメリカ軍基地の沖縄への集中が、
経済振興の障害になっているとして、嘉手納基地より南にある軍の施設の返還が
確実に実施される必要があると述べました。⇒http://goo.gl/RIjGu

沖縄の左翼マスコミを中心に、
「基地があるから企業誘致ができない」
「基地があるから戦争に巻き込まれる」等々のデマが流布され、
反基地運動は少なくとも表向き沖縄の世論となっています。

しかし、昨今の日本を取り巻く国際情勢の中で、
沖縄県の米軍基地削減、海兵隊9000人の国外移転等は、わが国の安全保障にとって
何を意味するかをよくよく考えなければなりません。

元防衛大学教授木村久郎氏は「米軍基地があると、中国の攻撃対象になるから危険だ」
という考え方の間違いを指摘しています。
(『迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ!』幸福実現党刊(5/12発刊)⇒http://goo.gl/LsMMI)

実際は、中国は「米軍のいる所だけは攻撃したくない」のが真実です。
現時点では、中国は米国に勝ち目はありません。
よって、沖縄に米軍基地がある方が、沖縄にとって安全なのです。

このことは歴史が証明しています。
軍隊を持たなかったチベットは、容易に中国の侵略を許し、占領され、国を失いました。
中国・マスコミ問題研究会の矢内筆勝代表は
「もし、米軍が沖縄から撤退すれば、その『力の空白』を埋めるように侵攻してくるのは中国軍であり、
現出する未来は、日本の『チベット化』である」と警鐘を鳴らしています。(同上)

最近、日本に帰化されたチベット、東トルキスタン(ウイグル)、南モンゴル(内モンゴル)等、
祖国を失くされた方々が、
「日本がこのまま無防備のまま漂流し続けると、
我が祖国のように中国に占領され、植民地化される」

と強く警告しています。

チベット、ウイグルで起こった事は筆舌に尽くしがたい残酷極まりないものです。
しかし、石平拓殖大学客員教授は、
「日本が植民地化されたあかつきには、もっと酷いことが起こる」と警鐘を鳴らしています。(同上)

靖国神社は焼き払われ、皇室も危ない、中国を批判する人間は一掃される。
それは、中国国民は反日教育を受け、日本に対して徹底的に復讐してやりたいと
憎悪に満ちているからであります。

それは映画『ファイナル・ジャッジメント』で描かれている世界そのものです。⇒http://www.fj2012.com/

また、幸福実現党沖縄県本部副代表の金城竜郎氏は、
今の沖縄と中国から侵略される直前のチベットと状況が酷似していると指摘しています。

当時、中国共産党は工作により、チベット中央政府に批判的な東チベットの空気を作りました。
その結果、東チベットと首都ラサに世論が分断されました。
東チベットを沖縄に、首都ラサを日本政府に見立てれば、
現在の沖縄と日本政府の関係に酷似しています。

沖縄でも日本政府に対する離反工作が進んでおり、チベットの歴史を見れば、
沖縄が植民地化されるのは決して遠い未来のことではありません。

5月13日(日)、幸福実現党名誉総裁・大川隆法先生は
「間もなく、沖縄県民が度肝を抜かれるようなことが起きるだろう。
どれほど自分たちが逆洗脳をかけられていたかと分かるようなことが間もなく起きるでしょう」
と予言されています。⇒http://goo.gl/0AmDv

私たち日本国民は「今そこにある危機」に目覚めるべきです!

美しい祖国の独立を守り、
「自由の大国」としてアジアと世界の平和を守る「リーダー国家」として、
日本を再建させたい。
この大義に殉じるべく、今後とも幸福実現党は、国防を強化し、
国民の生命・安全・財産を守り抜いて参ります。(文責・加納有輝彦)
———-
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.