※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ エネルギー政策に冷静で公平な議論を ★

[HRPニュースファイル331]エネルギー政策に冷静で公平な議論を

日本のエネルギー政策にとって大事な月となる7月。

全国では脱原発や再稼働に対するデモが行われています。
また、昨年話題をさらった静岡県の浜岡原発ですが、
現在は市民運動家が中心となって再稼働を県民投票によって決める動きが鮮明になっています
(投票を呼びかけるサイト⇒http://bit.ly/OZutt0)。

県内の首長レベルでも脱原発を正式に表明する方も増えており、
浜岡原発が位置する御前崎市の隣の牧之原市議会では、
浜岡原発の永久停止が主張されており、県民の間でも支持する勢力が増えています。

日本国憲法では「思想・信条の自由」と「表現の自由」が保障されています。
私は上記の動きがあること自体は否定しません。

ただ、一連の動きには注意も必要です。主要論点は下記の三点です。

第一の問題点は、浜岡原発の再稼働は静岡県だけの問題ではないことです。
中部電力のサービスエリアでは、静岡県東部の富士川以西全域と
愛知県、長野県、岐阜県、三重県の5県にまたがっています。

浜岡原発は東海地方の電力供給に関わる問題であるため、
静岡県民だけの意見を反映するには無理があります。
全国では、沖縄電力と北海道電力以外は複数都府県にまたがっていますので、
他の地域でも同じ問題が生じるでしょう。

第二に、原発の停止は「電気事業法」「原子炉等規制法」に基づいて行われるべきです。
法令に違反していない原発を強制的に止めることの方が法令違反と言えます。

現政権は法的根拠がないことを承知で、原発を停止するのではなく、
「お願い」という形をとり、電力会社が自主的に再稼働を行わない状態が続いています。

したがって、県民投票によって反対が多数を占めたとしても、
本来は再稼働を禁止する法的根拠はありませんが、
このままでは中部電力が「自主的に」再稼働を停止する状態が続くと思われます。

一人あたりの県民所得で見たら、愛知県は2位、静岡県は3位の経済圏です。
同時に、東海地方には、トヨタをはじめ世界的に有名なメーカーと関連企業が点在しており、
日本経済の「中心地」としての重要な役割があります。

東海地方の住民の生活と国益の観点を考慮すれば、
県民投票という手段をとるのではなく、
政府は責任を持って浜岡原発を再稼働する英断をしなければなりません。

繰り返しますが、浜岡原発再稼働は静岡県だけの問題ではありません。
東海地方、並びに国家のエネルギー政策の視点から検討されるのが筋です。

第三に、経済と安全保障面での配慮です。(当論点は全国共通の課題)

わが国は「資源希少国」です。エネルギー自給率は、原子力発電を除くとわずか4%です。
原子力発電を含めた場合も20%以下です。
このまま、全国で脱原発となれば火力依存が高まり、
電気代の高騰に加え、電力会社の天然ガスや石油輸入が増えます。

それまで国内に電力を供給して利益を上げていたものが、
輸入の急増という形で利益が減るわけです。
年間数兆円の国富流出は、GDPの減少や企業の海外移転、失業の問題に結びつくのです。

あるいは、ホルムズ海峡や台湾海峡などのシーレーン上での紛争が起きれば、
原油輸入の80%以上を中東に依存しているわが国では、安全保障面上の危機にも直面します。

最悪のケースでは、脱原発と再生可能エネルギーの大量導入による電気料金の上昇、
原油やガス価格の高騰、慢性的な増税に日本経済が襲われた場合、
一般物価が上昇するインフレと不況が同時に襲うスタグフレーションとなることです。

中東情勢にもよりますが、こうした最悪のリスクも考慮する必要があるでしょう。

これまで見てきたように、エネルギー問題は、
発電技術を含めた経済的効果や国防的観点、放射線防護、法律論など
複数の専門的視点から考える必要があります。

しかしながら、メディアでは放射線防護ないし放射能の恐怖だけが喧伝されています。
これでは公平な議論ができません。

一方、7月2日から31日までの期間で政府が募集しているパブリックコメントを募集しています。
こちらは、国民の声を幅広く集めていく上では重要な活動となります。

読者の皆様は、どうか巷間の情報だけではなく、今回の論点などを参考にしながら、
是非、パブリックコメントに参加してみてください。
⇒http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

そして、今後増えると予想される住民投票や県民投票が行われる際には
、総合的な視点から議論がされているか否かをチェックすべきです。(文責・中野雄太)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.