※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 尖閣国有化に隠された野田首相の思惑 ★

[HRPニュースファイル390]尖閣国有化の卑劣な裏密約
無責任な空手形を連発する野田政権は即時下野せよ!~

民主党代表選では、野田首相の有力な対立候補と目されていた
細野豪志環境相に続いて馬淵氏も不出馬となり、
野田首相の民主党代表再選は確実になりました。
(9/8 時事「野田首相の再選確実=馬淵氏も不出馬」)

野田首相は9月7日、今国会を締め括る記者会見において
「私には、こうした国政の重要な諸課題を中途半端な形で放置することはできません。
この未完の一体改革や道半ばの震災復興をはじめ、
日本が抱えている残された課題とこれからも格闘し、克服していく」と述べ、
政権続投の意志を強調しました。(9/7 官邸記者会見)

しかし、今国会の実態を見れば、政府提出法案の成立率は57.5%。
過去20年で最低だった2010年の54.5%に次ぐ低レベルです。

結局、今国会で決まったのは、国民を苦しめ、不況を深刻化する「消費税増税」のみであり、
いかに野田首相が無能かは明らかです。

国民生活に直結する赤字国債発行法案は廃案となり、
予算の財源確保はメドが立たない状況です。

また、領土問題解決のための領海警察法や、違憲状態を解消するための選挙制度改革法などの
重要法案を中途半端に放置して来たのは、他ならぬ野田内閣であったはずです。
震災復興も遅々として進んでいません。

さらに、「税と社会保障の一体改革」も名ばかりで、社会保障に関する内容は無く、
消費増税が決定しただけで、すでに、さらなる消費増税が必要であることが検討されています。

自らを「ドジョウ」と自称して、泥臭く、市民に寄り添う誠実な政治姿勢を演じていますが、
そもそも消費増税をしないことをマニフェストに掲げて政権を得ておきながら、
平然と国民との約束を破り、信も問うことなく、このまま続けようと言うこと自体、
不誠実そのもの、厚顔無恥も甚だしい。

誠実さを装いながら、傲岸不遜に詭弁を繰り返す、
野田首相をこれ以上、看過することは出来ません。

このような国民への背信行為の中でも、特に重大な問題となるのが、
9月5日、国が尖閣諸島を購入することが報じられた「尖閣諸島の国有化」に関してです。
(9/5 朝日「尖閣、国が購入で合意20.5億円都知事にも伝達」⇒http://www.asahi.com/politics/update/0905/TKY201209040777.html)

野田首相は8月24日の記者会見で「国家が果たすべき最大の責任、
それは平和を守り、国民の安全を保障することです」
と述べており、今回の「尖閣国有化」を国防のための英断かと思われましたが、
真実は正反対であることが明らかです。

実は、尖閣諸島の国有化は
「東京都が実効支配をしない」ために、中国に配慮して、
国が購入を取り付けたという、
驚くべき事実が報道されています

(9/5 夕刊フジ「政府“尖閣購入”は売国行為!中国に屈して実効支配強めず」⇒http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120905/plt1209051811008-n1.htm)

国際政治学者の藤井厳喜氏は「国民の税金を使って、最悪の決断をした。
野田首相は自分が何をしているのか分かっているのか。
これでは、『売国宰相』と呼ばれても仕方ない」と述べています。(同上)

評論家の青山繁晴氏も、対中弱腰の外務省や岡田副総理による圧力で、
野田首相が「国有化はするが、尖閣諸島に施設は作らない
という決定に至ったことを明かしています。(youtube⇒http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=U9NjcOWFYBc&gl=JP)

実際、日中関係筋は、中国側が尖閣諸島について
(1)上陸しない、(2)調査しない、(3)開発をしないことを日本側が受け入れれば
、国有化を黙認する交渉があった
ことを指摘しています。
(9/1 東京「中国、尖閣問題で要求『上陸・調査・開発しない』」)

自国の領土を「上陸・調査・開発しない」と約束するのは、
主権放棄、実効支配の放棄そのものです

野田首相は「尖閣国有化」で保守層の支持を集めたい考えですが、
卑劣な国民への背信行為を断じて許すことは出来ません。

このような政治の不作為の隙を突いて
「日本に新政権が誕生する前に、つまり年内に中国が何かを仕掛けてくる恐れがある」
ことを情報当局者が指摘しており、まさに、領土問題・国防問題は、
待った無しの切迫した状態にあります。

このような状況であるにも拘わらず、野田首相は8日の記者会見で、尖閣諸島の施設整備について、
「尖閣諸島の平穏かつ安定的な維持管理をするという観点が第一」と応答する危機感の無さで、
実効支配を強める姿勢は皆無です。

「尖閣諸島の国有化」以外にも、
「原発ゼロ」、「公務員への協約締結権付与」、「人権委員会の設置」など、
国益を大きく損ねる法案を審議し、押し進めようとしています。

本当にこのような状況を許していて良いのでしょうか。
無責任な空手形を連発して、選挙対策を弄する野田政権は即時下野すべきです。(文責・小川俊介)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.