※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 撥ね退けろ!中国の「超限戦」 ★

[HRPニュースファイル405]いよいよ行動の秋(とき)
――習近平に告ぐ!日本人を代表しての船上告知!

中国による尖閣・沖縄への侵略の動きがいよいよ本格化してきました。

中国が派遣した17隻の海洋監視船と漁業監視船が尖閣周辺海域にとどまり、
領海への侵入を繰り返しています。(9/23 毎日「尖閣:中国監視船が接続水域外に 航行は続く」)

また、これまでは尖閣海域に接近していた中国公船は海洋監視船が中心でしたが、
いよいよ中国軍艦が尖閣諸島に出動して来ました。

中国海軍・東海艦隊のフリゲート艦2隻が沖縄県・尖閣諸島の北方海域の公海上に
いよいよ姿を現しました。(9/20 「中国海軍、尖閣沖に艦艇2隻展開」)

また、日本のマスコミは黙っていますが、
中国のメディアによれば、
人民解放軍海軍の東海艦隊が既に多数の原子力潜水艦を尖閣諸島海域に派遣。
香港のメディアは、米国の偵察衛星が尖閣諸島海域の近くで中国の攻撃型原潜を捕捉した
と伝えています。

更に台湾の活動家の船も出港し、尖閣諸島への不法上陸の機会をうかがっています。
明らかに中国の人民解放軍と呼応した「陽動作戦」でしょう。

これに対して、海上保安庁は全国から50隻の船舶を現地に集結。
同時に、自衛隊の複数の艦船も沖縄に入り、
さらにイージス艦も近海に出動しているとの情報も入っています。

更に今、中国が仕掛けている戦争は、単に軍事力を使った戦争ではありません。

マスコミ、経済、教育、対人工作等、あらゆる人間活動の領域が戦争の対象となる
「超限戦」
という、新しい戦争を仕掛けています。
(藤井厳喜著『NHK捏造事件と無制限戦争の時代』)。

そうした視点で見れば、今回の尖閣諸島への活動家の上陸や
日本の尖閣諸島国有化を契機に、
中国の監視船の領海侵犯や漁船団の襲来と同時に、
中国全土での反日デモ、日本企業へ経済政策、サイバー攻撃等、
様々な対日行動が組織的に発生している理由が分かってきます。

そうです。中国は既に日本に対して、これまでの戦争の概念を超えた「超限戦」
――すなわち、 「何でもあり」の戦争を仕掛けているのです。

そしてその中心が「情報戦」です。
日本の政府もマスコミも、この事実に一切気が付いていないばかりか、
完全に利用されています。

(参考:大川隆法総裁公開霊言『NHKはなぜ、幸福実現党の報道をしないのか』
『朝日新聞はまだ反日か』 ⇒http://info.happy-science.jp/lecture)

中国はいよいよ、「日本侵略」「アジア制覇」に向けた牙を剥き、
日本に対して「超限戦」という「新しい戦争」を仕掛けているのです。

その指示を出しているのが次期国家主席の習近平であることは、
既に幸福の科学の大川隆法総裁の霊言等を通して明らかになっています。

中国による日本侵略が始まった!
――私、矢内筆勝は、中国の動向に関する情報を収集すると共に、
その対応にあたるべく、今月18日から石垣島に入りました。
現地(尖閣諸島周辺)の状況は極めて緊迫しています。

尖閣諸島に最も近い地で、中国の侵略行為の激化を知るに至った私は20日、
いてもたってもいられず、同志二人と共に、現地の船舶をチャーターし、
石垣島の港から、現地・尖閣諸島に向けて出港致しました。

荒波に揉まれること7時間。上陸行動を警戒して、海上保安庁の海洋監視船一隻が随行する中、
私たちの船は午後6時に、尖閣諸島に到着しました。
魚釣島まで約5キロの海上。横には北小島、南小島の美しい姿が見えます。

そして、船の舳に日章旗を掲げ、私は日本人を代表し、
中国の尖閣侵略を絶対に許さないという決意と意思を込め、
次のような二つの「告知文」をしたため、船上から中国に対して発しました。

幸福実現党の沖縄・九州防衛プロジェクト長(沖縄担当)として、
そして一日本国民として、習近平と中国共産党幹部への告知と、中国人民への呼びかけです。
(映像と告知文はYouTubuにアップしました⇒http://youtu.be/fETIc9Q_KMc)

中国の日本侵略に対する日本人の意志と決意として、私は今後、様々な国の言葉に翻訳して、
本映像と告知文を、全世界に拡散させて参りたいと考えております。

是非、ご協力頂ける方は、拡散にお力をお貸しください!

中国が今、日本に仕掛けているのは軍事侵攻の前の「情報戦」であり、
尖閣が中国の領土であるという捏造した情報を世界に発信し、
武力行使の正当性を整えようとしています。

日本のマスコミや政府がそれに気付かず、対処しないなら、
一国民が立ち上がり「尖閣諸島が日本の領土」であり、中国が侵略行為を働いていること、
そしてそうした非道を絶対に許さないという気概を、
日本人として、世界に知らしめなければなりません。

それが日本人としての日本を守る決意の表れであり、
中国が仕掛けている「情報戦」に対抗する行動の一つであると信じるからです。

いよいよ、中国の侵略から日本を守るという、
幸福実現党の立党以来警告してきた国難が現実化しました。
今こそ、救世の「行動の秋(とき)」です。

国家存亡の危機が今、日本に迫っています。
そして、その事実を知り、救国のために立ち上がる、
目覚めたる人間はまだまだ全体からすれば、少数かもしれません。
未来への希望は、その目覚めたる少ない人々に、託されています。

一人ひとりの「この国を守らん」という意思と行動の連鎖が、
必ずやこの国の人々の意識を目覚めさせるでしょう!

今、我々、維新の志士に必要なことは「陽明学」(「知行合一」)です。
明治維新の志士達のように、自ら考え、自ら責任を負って大胆に行動する人々の群れが
時代を変革するのです。

それがマスコミを変え、新しい国論を作り、日本を再生し、
中国の脅威を撥ね退ける力となることを心より確信しております。(文責・矢内筆勝)
———-
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.