※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 愛する日本 ★

[HRPニュースファイル407]「国家というものは、経済よりも崇高な存在である」
                   ――ドラッカーの箴言に耳を傾けよ!

中国の反日デモの暴徒化は、中国経済で潤う日本企業が
同時に大きなリスクにさらされていることが誰の目にも明らかになりました。

尖閣国有化に端を発した日中関係の悪化により、
日中国交正常化40周年記念式典が中止されたほか、
交流イベントも取りやめが相次いでいます。

靖国参拝問題が再燃した小泉純一郎政権時代や、
尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が起きた2010年も訪中団を派遣し、
日中友好の懸け橋を自認してきた日中経済協会の訪中団派遣も中止に追い込まれました。

従来、「政冷経熱」(政治が冷え込んでも経済は活発)とされてきた日中関係ですが、
今回は経済関係も冷え込む「政冷経冷」の様相になりつつあります。

藤村官房長官は24日、
「話し合いをきちんとした上で(尖閣諸島をめぐる摩擦を)収束に向けていくということだ」
と中国政府との話し合いの必要性に言及しました。

しかし、領土問題等本質的問題解決を棚上げ先延ばしたまま「政冷経熱」を隠れ蓑とし、
経済的利益のみ享受し続けるということは、もはや許されない段階に入りました。

中国は共産党一党独裁国家・軍事大国であり、
とりわけ次期国家主席となる習近平氏は大中華思想に基づく覇権色が非常に強い人物です。

中国はトウ小平氏の改革開放路線以降、経済成長路線を取りましたが、
習近平氏は中国を毛沢東時代の「先軍政治」に戻すことを目指しています。
(9/19 習近平守護霊霊言「中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く―」
⇒http://www.hr-party.jp/new/2012/28970.html)

幸福実現党の大川隆法党名誉総裁は、
中国での反日デモ、中東での反米デモ、日本での反原発デモ…
一見、無関係に見えるデモの背後に習近平氏がいることを指摘しています。
(その後、後追いで各メディアが習近平氏が反日暴動を主導していたと報道。)

習近平氏は既に実権を握っており、米国政府を反米デモが広がる中東にクギ付けにし、
アジアにおける米軍のプレゼンスを無力化し、
公船・漁船による相次ぐ領海侵犯、反日暴動等により、
日本に対して「宣戦布告」をしたに等しい暴力的攻勢を強めています。

習近平氏の過去世(前世)は「世界帝国」を築き上げたチンギス・ハーンであり、
迅速かつ大規模な組織戦を得意としており、尖閣諸島侵攻も早急に行われる危険があります。
日本は「第二の元寇」に備えるべきです。

ドラッカーは「グローバル経済と国民国家」という論文で
「国家というものは、経済よりも崇高な存在であることを
必ず経済に思い知らせようとするときが来る」
と述べています。(参照:中西輝政著『迫りくる日中冷戦の時代』PHP新書)

実際、経団連は対中貿易拡大を期待して親中・民主党への政権交代を後押しし、
「媚中政商」として暗躍していた売国商社マンの丹羽宇一郎氏を駐中国大使に送り込んだ結果、
弱腰外交により尖閣危機が強まり、中国進出日本企業も反日暴動や経済制裁等で
手痛いしっぺ返しを受けています。

HS政経塾の伊藤希望氏は「万一、日中戦争が起こったならば、
2010年7月から中国で施行されている『国防動員法』により
中国に進出している日本の企業、日本人の全財産は没収されます。
すなわち、中国のトヨタやホンダの工場で造られた戦車が何万人、
何十万人の日本の自衛隊員を戦死させることになる」
と指摘しています。(9/24 「ドラッカーからの警告」

⇒http://ameblo.jp/itonozomi/entry-11362968203.html)

民主党最大の支持団体、連合は21日、
都内で中央執行委員会を開き、次期衆院選について引き続き
売国政党・民主党を支援する方針を決め、民主党政権の存続を目指すといいます。

連合系の労組・全トヨタ労連等も引き続き民主党を支援することになりますが、
自社の製品が、同胞日本人を殺すことにならないことを切に祈ります。(文責・加納有輝彦)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.