※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 再生医療により臓器移植がなくなる。 ★

[HRPニュースファイル421]祝・山中伸弥京都大教授・ノーベル医学生理学賞受賞
――政府は臓器移植から再生医療への転換を目指せ!

2012年のノーベル医学生理学賞に「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発した
山中伸弥京都大教授が選ばれました。

9日の新聞朝刊は、全紙一面トップで快挙を報じ、日本中が祝福モードとなりました。

尖閣諸島国有化に伴い関係が悪化し、日本に関する報道を抑制していた中国各紙も、
山中教授の受賞を各紙第一面で掲載するなど大きく報道しました。
(10/9 産経「中国各紙、『受賞決定』の見出し1面掲載 異例の扱い」)

韓国のマスコミも、受賞を速報するとともに
「iPS細胞(人工多能性幹細胞)は受精卵を使わず、倫理的な問題からも自由だ」
と意義を強調。、称賛の声に溢れています。(10/8 産経「反日の中韓で称賛の声」)

反日論調に満ちた中韓が絶賛する程、
山中教授の発見したiPS細胞の業績は画期的なものであり、
全世界に衝撃を与えました。

山中教授は8日午後8時から京大で記者会見し、
「感謝という言葉しかない」
「国を挙げて支援していただいたおかげです」
「日の丸の支援がなければこのような素晴らしい賞は受賞できなかった。
日本の国が受賞した賞だ」
と重ねて国の支援に感謝する言葉を口にされました。

事実、国は山中教授に対し、研究費を重点的に投入し支援してきました。
2008年度から毎年40億円以上を支援、
さらに09年度からは5年間で50億円を充てる事業も始まっています。

日頃、税金の無駄遣いの追求に厳しいマスコミもノーベル賞受賞という成果の前に、
「投資」の大切さを説いています。

「これら(研究費)の集中投資によって、
研究が臨床一歩手前まで加速、受賞を後押しさせたことは間違いない。」(10/9 読売)

「(山中さんは)行き詰まり、研究をやめようと思ったこともある。」
という。それを救ったのは無名の山中さんを採用した大学や、研究費だ。
研究者の潜在力を見抜いて投資する『目利き』の重要性を感じる。」(10/9 毎日社説)

しかし、実際には2009年、民主党政権によって
科学技術予算は事業仕分けの対象となり、
山中教授のプロジェクトも、仕分けの対象に挙げられました。

これに対し、山中教授は他の研究者らとともに会見を開き、
事業仕分けを「想像を絶する事態」だと強く批判しました。

幸い、結果的にプロジェクトの予算は削減されなかったものの、
自民党政権時代は2700億円あった内閣府の最先端研究開発支援プログラムは、
1000億円に大幅な減額を余儀なくされました。
(10/9 J-CASTニュース「マラソンでカンパ訴えた山中教授 事業仕分けで苦しんでいた?」)

幸福実現党は、かねてより公共事業における「未来投資」の重要性を掲げており、
マニフェストにも「脳死臓器移植は、あの世に安らかに旅立つ権利を侵害しており、
再生医療の技術を早期に確立する」ことを掲げ、再生医療推進に取り組んで参りました。

iPS細胞の応用例は、難病のメカニズムの研究(難病解明)、新薬の効果や、
副作用の検査(新薬開発)等多方面にわたりますが、
最も期待されているのが病気や事故で失われた機能、
組織を新しい細胞で甦らせる「再生医療」の分野です。

ザ・リバティ誌2010年10月号も「人体再生神話に挑む」と題し、
山中教授らのiPS細胞胞が神経、心筋、肝臓、膵臓など、
様々な臓器の細胞が再生に繋がる可能性を指摘しています。

2009年7月、衆院の解散直前に、議論が十分になされないまま、
改正臓器移植法が成立しました。

翌年7月に施行され、脳死を一律に「人の死」と定義し、
臓器提供については本人の提供意思が不明でも、家族の承諾があれば提供が可能になり、
早速、同年8月には、本人の提供意思が不明な脳死患者から臓器の摘出手術が行われました。

臓器移植を待つ患者、家族の気持ち、
それを支えようとする医療従事者の情熱を十分認識した上で、
幸福実現党は宗教政党として、人間の死とは「肉体から魂が離脱した瞬間」であり、
「脳死は人の死ではない」と考えます。

この前提に立てば、ドナーである脳死患者は魂が肉体から抜け出る前に臓器を摘出されると、
生きたまま体にメスを入れられるのと同じ苦痛を受け、
あの世への旅立ちが妨げられてしまいます。

私達が臓器を摘出されると想像してみた時、
その驚愕はいかばかりか、想像を絶します。
残念ながら、臓器移植はドナーたる脳死者の立場が忘れ去られています。

今後、再生医療が更に発達し、臓器を再生できるようになれば
、臓器移植が必要なくなる時代がやって来ます。
そうなれば、「脳死による臓器移植」の問題も無くなります。

「人体再生術」は古代エジプト神話や、キリスト教の復活神話など、
宗教的にも重要なテーマで、
大川隆法党名誉総裁は「人間は自分の体を復元する能力を持っています(中略)。
それができないのは、人々が唯物論にかなり毒されていて、
『そういうことはできない』と思っているからです」と述べています。
(『心と体のほんとうの関係』幸福の科学出版)

幸福実現党は今後とも、人間の体に眠っている力を引き出す
「再生医療の発展・確立」を目指し、
臓器移植を不要とする医療の実現を目指して参ります。(文責・加納有輝彦)
———-
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.