※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 日本国民の覚悟「自分の国は自分で守る」 ★

[HRPニュースファイル466]
覚悟なき安倍・自民――本気で「核武装」を行う覚悟無くば、日本は消滅する!

野田総理が「覚悟のない自民党には政権を戻さない」と最後に言い放ちました。

しかし、私は安倍・自民も、野田・民主も覚悟はあるのかを問いたい。

自民党は21日、衆院選の政権公約を発表しました。

自民党の政権公約のタイトルは「日本の危機、だから自民党」です。

幸福実現党は本年、「日本危うし、だから幸福実現党」という
政党ポスターを全国に貼って参りましたが、政策のみならず、
キャッチコピーまで丸ごと「パクる」とは、
安倍・自民は恥も外聞も無いと言わざるを得ません。

自民党の政策の多くは、幸福実現党が3年前から訴えて来た政策の
「パクリ」「盗作」に過ぎません。

「憲法を改正して自衛隊を国防軍と位置づける」
「名目3%以上の経済成長」「法人税の大幅な減税」
「大胆な金融緩和」「物価目標(インフレ・ターゲット)」
「200兆円規模の公共投資」「いじめ隠ぺい防止」など、
明らかに幸福実現党の政策の模倣のオンパレードです。

安倍総裁の守護霊は
「幸福実現党がガーンガーンとかなり激しく言ってくれて、
世論ができつつあるところで出てきて、
メジャーな意見として(政策を)まとめるのがいいですね」
と語っています。
(大川隆法著『スピリチュアル党首討論
―安倍自民党総裁VS.立木幸福実現党党首』幸福実現党発行)

実際、3年前の総選挙では、民主党候補者はおろか、
自民党候補者も国防について全く語らず、
幸福実現党のみが「右翼」と批判されながらも
国防政策を熱く語っていたのが、
今選挙では多くの自民党候補者が国防政策を掲げています。

幸福実現党が世論の反発を受けつつも正論を貫き通し、
世の中のムード、流れができた所で、その政策を盗んでいく
というのが自民党の基本戦略なのでしょう。

しかし、世論の反発を恐れ、正々堂々と正論を語ることができない政党に
危機に立つ日本を任せることはできません!

少なくない政治家が「原発再稼働」「原発推進」の必要性を
内心、感じつつも、世論の反発を恐れ、押し黙っています。

「原発再稼働」「原発推進」を堂々と主張しているのは
幸福実現党以外にありません。

「核武装」についても同様です。
安倍総裁も、石破幹事長も、核武装論者ですが、
自民党のマニフェストには「核武装」という文字は一言もありません。

日本維新の会代表・石原慎太郎氏も20日、
東京都内の日本外国特派員協会での講演で、
「日本は核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいい。
これも一つの抑止力となる」と力強く語りましたが、
維新八策には「核武装」は入っていません。

本音を隠し、世論の受けが良い政策だけを掲げる
――そうした程度の虫けらのような覚悟しか無い政治家達に、
日本を任せることはもうできません!

先日17日、広島の中心街で、幸福実現党広島県本部は
「原発再稼働と原発推進、そして核武装による国防強化を求めるデモ」を行い、
広島市民が中心となって広島初の「核武装推進デモ」を
行いました。⇒http://www.hr-party.jp/new/2012/30267.html

「核武装」は広島から声を発することに意義があります。

国際政治から見れば、日本は世界で唯一、
「核武装」を行う権利を持つ国家です。
なぜなら、唯一の被爆国であるからです。

日本は世界で唯一、二度と核を落とされないように
「核によって国を防衛する権利」を有している国家なのです。

2005年の台湾紙「聯合報」は、中国の中距離弾道ミサイル130基以上が
日本の殆どの都市を照準していると報道しています。

中国が日本に照準を合わせている中距離弾道ミサイル「東風21」には
水爆が搭載可能で、広島型原爆16発分の威力があると見られています。
中国は既に日本全土を何度も滅ぼすだけの大量の核を有しているのです。

また、日米の多くの識者が指摘しているように、
日本が核の脅威を受けた際、
米国が自国が中国からの核攻撃にさらされるリスクを承知で、
日本を守ることは現実的ではありません。

中国は今年7月、射程1万4000km以上の多弾頭のICBM(大陸間核弾道ミサイル)
「東風41」を試射し、米国に睨みを利かせています。

中国は「たとえ日本が核攻撃を受けたとしても、
米国自身が核攻撃に晒されるなら米国は核報復はしない」
と踏んでいるものと見られます。

米国の「核の傘」が「破れ傘」である以上、
日本は「自分の国は自分で守る」という不屈の信念の下、
核を保有し、「日本を核攻撃したら確実に日本から核反撃される」ことを
中国、北朝鮮に知らせる必要があります。

中国や北朝鮮のような独裁国家に脅かされている日本が、
核抑止力を得ることは独立国として当然の権利であり、
世界の国々は日本を「独立国」として認めるならば、
当然、日本の核武装を認めるべきです。

堂々と国内外に「日本には核が必要だ」と
言えないような政治家に日本を任せることはできません。

本気の「核武装」の覚悟を持った政治家が出て来なければ、
習近平氏の覇権主義から日本を守り抜くことなど到底、不可能です。

幸福実現党は今回の衆院選で「核武装」を掲げていますが、
日本人全員に「自分の国は自分で守る」という強い意識を持って頂く
――そうした決死の覚悟で今回の総選挙を戦い抜いて参ります。
(文責・黒川白雲)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

Comments are closed.