※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 「ハワイの領有権」を主張する中国 ★

もう選挙が終わってしまいましたが・・・。

[HRPニュースファイル488]
「救国」の決断―私たちの一票が日本の興廃を決する!

本日2012年12月16日、衆院選の投開票がなされ、日本の選択が決定します。

前回の衆院選においては、「風」に乗って「民主党政権」が誕生し、
国防・外交・経済・教育、自然災害において、
最悪の「国難」をもたらしました。

今回の選挙も、自民党や維新の会に「風」が吹いていると言われていますが、
「第二の民主党政権」が誕生することが無きよう、国民の良識が試されます。

私たち国民は投開票を前にして、今一度、
衆院選において問われている「国難」とは何かを考え、
「興廃の岐路」に立つ日本の重要な選択をしなければなりません。

衆院選が公示された12月4日、米・上院議会において
「沖縄県・尖閣諸島を日米安全保障条約の適用対象とする」
ことを明記した『国防権限法』が可決されました。

この法律は、国防予算の大枠を定めるもので、
現実の軍事オペレーションに直結することを意味しています。

財政難から国防予算の大幅な削減を進めてきたアメリカが、
「財政の崖」を前にして、予算計上の余裕の無いにもかかわらず、
アジア太平洋地域における中国の軍拡を念頭に判断を変えた背景には、
安全保障上、深刻な事態があったからです。

その背景には、驚くべきことに、
アメリカと中国との協議の中において、
中国側から
「ハワイの領有権を主張出来る」
ことを切り出された事実があります。

(11/30 産経「中国『ハワイ領有権も主張できる』」⇒http://sankei.jp.msn.com/world/news/121130/chn12113020080006-n1.htm)

2007年に米太平洋司令官が中国海軍高官との会談の中で、
「太平洋を東西で分割し、
東側を米国、西側を中国が統治する提案」

がなされたことが米上院軍事委員会公聴会で明らかにされていますが、
今回の主張はアメリカの国家主権を侵害するもので、
かなり踏み込んだ内容になっています。

11月に発足した中国新指導部・習近平体制は、
再選されたオバマ大統領を完全になめており、
相手にしていないことを象徴しています。

幸福実現党は「習近平氏の危険性」を強く訴えていますが、
中国は「尖閣諸島」や「沖縄本島」に留まらず、
既に「ハワイの領有権」まで主張している覇権主義の実態を、
日本人は知るべきです。

また、中国は国家海洋戦略として、
伊豆諸島を起点に、小笠原諸島、グアム・サイパン、
パプアニューギニアに至るラインである「第二列島線」を
2020年までに支配下に置くとしています。

今回のハワイの領有権主張も、その一環です。
残された時間は、あと7年しかありません。

本年おこなわれたアメリカ大統領選挙は、
任期2016年までの国内議論が中心でした。
さらに「財政の崖」で2013年2月までの短期的視野に終始しており、
2050年までの国家目標を目指して、
今後10年の間、不動の政権基盤を持つ中国・習近平体制に
対抗し続けることが出来るかは甚だ疑問です。

12月10日、アメリカの情報機関が集まる「国家情報会議」が、
「2030年の世界を展望する報告書」を発表しました。

中国が経済の規模で世界一になる一方、
日本は急速な高齢化で競争力を失い、
「力関係に変化が生じる」と説明しています。

また、日本などに中国とわたり合う意思がなく、
力も不足している場合、
「アメリカが中国と直接対峙(たいじ)する可能性がある」
としています。
(12/11 テレビ朝日
「『2030年、日中対立さらに激化』と米情報機関報告」
⇒http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221211042.html)

日本は中国の脅威にどう対抗するのでしょうか?

今回の衆院選は、日本にとって
国家としての復活の「ラストチャンス」であり、
今回、間違った選択を行えば、日本は奈落の底へと転落していきます。

選挙報道は、政治家もマスコミも、
あまりにも平和ボケした政策や内向きな議論ばかりで、
左翼的な偏向報道ばかりで、
国家の命運に責任を持たない空騒ぎにしか過ぎませんでした。

このような国際情勢を踏まえた正当な危機感を持てば、
唯一、幸福実現党が主張するように、
「憲法9条改正」「国防軍創設」は当然として、
エネルギー安全保障に繋がる「原発推進」、
中国に対抗するアメリカを主軸とする経済圏構築を目指す「TPP」、
地域主権ではなく「国家主権」が当然の選択肢となるはずです。

次期政権を担うと予想される自民党・安倍晋三氏は、テレビ番組で
「靖国参拝に関しては、中国に配慮して明言をしない」
と「逃げ」に回っています。

日本のために命を捧げた先人に敬意を捧げることは当然のことであり、
近隣諸国への配慮と言いながら「内政干渉」を許し続けて来た自民党では、
「日本を取り戻す」ことなど到底出来ません。

北朝鮮による日本人の拉致被害者救出を断行することは勿論のことですが、
北朝鮮と言う収容所に押し込められている
2千万人の解放を実現できる日本

とすることを目指すべきであり、同様に、
中国13億人の解放・民主化を正々堂々と主張出来る日本
としなければなりません。

2020年から2030年を見据えるならば、
「地球的正義」を実現するだけの気概をもった国家
とならなければ、世界秩序を安定させ、
真の平和と幸福を享受することは出来ません。

今、政治空白や不毛な政局で時間を浪費することは、
もう日本において許されません。

ファイナル・ジャッジメントの時は今です!

国民の皆さまには、日本の命運を決する主権者として、
「未来への責任」という観点から、
衆院選における賢明なるご選択を期待申し上げる次第です。
(文責・小川俊介)

参考:【衆院選・投票を迷っている人へ】
あの政党に入れたらこうなる(The Liberty Webより)
「国防」編⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5315
「消費税」編⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5314
☆゜・:.。. .。.:・゜

Comments are closed.