※臨時営業日の営業時間は時間短縮となります
マッスル&ビューティー
〒438-0026
静岡県磐田市西貝塚2028-2
TEL:0538-32-4848
FAX:0538-24-7255

社団法人日本ボディビル連盟


旧店長ブログ


スクールIE 磐田豊田校




2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご予約・お問合せ先 0538-32-4848 営業時間 Mon-Fri 7:00-22:00 Sat 8:00-19:00

★ 建白書は沖縄県民の総意ではない!!! ★

┏…━━━━━∴★☆
  矢内筆勝の
「行動のときは今!」
☆★∴━━━━━…┛

1月27日、米軍普天間基地に配備されたオスプレイの配備撤回と同基地の県内移設断念を求め、
沖縄県内の全41市町村の首長らが、東京・日比谷公園で集会を開き、
約4千人(主催者発表)が参加。集会後、銀座などでデモを行いました。

翌28日には翁長市長や名護市の稲嶺市長ら約30人が、
「沖縄県民の総意」として全41市町村長や議会議長らの署名が入った
「オスプレイの配備撤回と米軍普天間飛行場の県内移設断念を求める『建白書』」
を安倍首相に手渡しました。

(参考:金城竜郎著[HRPニュースファイル538]
沖縄全首長による「オスプレイ配備撤回要求」運動は県民を危機に陥れる行為だ!
⇒http://www.hr-party.jp/new/2013/34561.html)

しかしオスプレイ配備反対は、断じて「沖縄県民の総意」ではありません!

昨年8月4日、那覇市内で開催された
「中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう!県民集会」

(主催:中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう!実行委員会[代表・徳留博臣])には、
尖閣・沖縄を守るためのオスプレイ配備を求めて約500人の沖縄県民が参加しています。

そこで沖縄より「中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう!実行委員会」の代表団が上京。
オスプレイ配備反対は沖縄県民の総意ではないことを伝えるため上京、
首相官邸前で集会を開催致し、内閣府を通して安倍晋三総理大臣へ要望書を提出致しました!

詳細・写真⇒http://www.hr-party.jp/new/2013/34517.html

Comments are closed.