2018年

今年も1年ありがとうございました(*^^*)

2018年がもう幕を閉じますが、今年もマッスル&ビューティーの皆様は、筋肥大が進みましたね。
筋トレ納めは、31日9~13時です。やり残した部位を、しっかり攻めておきましょう。


WEBサイトリニューアルのお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、Webサイトをリニューアルいたしました。

より一層の内容充実に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018浜松・静岡県 パワーリフティング選手権大会



10月28日、浜松市新橋体育センターで、「浜松&静岡県 パワーリフティング&ベンチプレス大会」が開催されました。
ボディビルもそうですが、パワーの大会も年々出場選手が増えています。
よって今年も、終了時間が20時に差し掛かるほどでした。
ボディビルと違い、こちらは「成功」か「失敗」かですから、見ている方も気持ちはスッキリします。

Muscle & Beautyの出場選手は7名、なんだかんだでボディビルよりも多かった。
本番は、広くて天井の高い体育館で行われるため、狭いジムで行っている練習の時とは少々勝手が番う。
でも選手の皆さんは、自己タイ及び自己新記録を達成し、大変盛り上がっていた。
1回目の試技の重量設定失敗の為、残念な結果となってしまった選手もいましたが、最後まで皆さんの応援をしてくださり、頭が下がる思いでした。

写真には五朗さんが写っていませんが、五朗さんも3位入賞で素晴らしかったです。 Body Art

第3の場所

夕刊の寄稿の中に「第3の場所」と言う文言を見つけました。
スタバの創業者ハワード・シュルツ氏の理念であり、家庭・職場に加えて「ホッとできる自分を取り戻す場所」が「第3の場所」なのだと紹介されていました。
寄稿されていた方は、芸術や文化の果たす役割を「第3の場所」「第3の世界」として位置づけていましたが、「そうか、GYMにも『第3の場所』としての役割がある、と考えました。
がむしゃらにトレーニングして、自分に没頭する!全て忘れて自分の世界・・・
まさしくGYMは「第3の場所」。

夢中になれる環境づくりが大切です。 

まっ、まさかっ!

https://www.m-be1988.com/wp-content/uploads/2018/10/P1030348.jpg
どこかで見たような???
領収証のお名前が「井野川さん・・・」
ボディビルディング誌をめくる。
「あ、やっぱり!!!」
「わ~こーんなところに・・・」
ちょうど居合わせた皆さんと写真を撮りました。

でも失敗・・井野川さんを中央にするべきだった

人生最大の恐怖、24号

人生最大の恐怖体験でしたね。
家の二階にいたら、いつ屋根が吹っ飛んじゃうかと思う恐怖と、揺れで家が壊れちゃうんじゃないかと思う恐怖・・・
怖くて怖くて泣けてきました。
お布団を二階から引きづり下して、北側の台所に敷く。
「あと3時間だよ」
「あと2時間で収まるよ」
などと電話口で友達が励ましてくれるが、
「まだ3時間もあるの~?!!!」
「まだ2時間も~?!!もーいやだ~勘弁して~!!」
となる。

午前0時を回った頃、まだまだ外では物凄い暴風雨です。
消防車のサイレンがうちの前を通りました。
それを耳にした私は、ドキドキと心配が最高潮に達しました。
次男の喬ちゃんが、当直で出勤していたからです。
消防職員の仕事が命がけだと、真に感じた瞬間でした。
「頼むから、無事で帰って来てね、神様お願いします!」
今度は、別の意味で泣けてきました。
でも2時間後、
「お母さん、俺無事に帰ったで大丈夫だよ!お母さんは大丈夫?」
と連絡があったので、一安心でまた泣けてきました。

いや~、無事に朝を迎えられたことに、とても感動しました。
父の建てた、築45年の木造の我が家が守ってくれました。
地域あらゆるところが、停電と断水で不自由を強いられましたが、なんだか一昔前に戻って時間がゆっくりと過ぎ、気持ちがのんびりしたような、そんな思いにもなりました。
私たちと同じように不自由をしているであろう中電の職員さんを始め多くの方々が、復旧に全力を注いでくださり、今日は磐田市内の停電も解消される見込みだと、市の広報からお知らせがありました。
本当に、ありがとうございます。

GYMのテラスが吹っ飛んで、どこかのどなたかにご迷惑をおかけしている事かと思いますが、誠に申し訳ありません。

今週末は、台風25号を迎えなくてはなりませんね。
24号よりも北側を通過するようですが、大きな被害がでないことを祈ります。   Body Art

マシン体験


エンサヨマシンの使用感を確認しようと、5人でファインラボを訪問した。
8時20分GYM集合。
みんな嬉しくてたまらないといった顔つき。

10時ごろ、二度目の朝ご飯を食べ、トレーニングに備える。
県内は車も少なくずっと順調でしたが、横浜から圏央道に入ると途端に渋滞で、昼前の到着予定が14時となった。
14時というと、予定ではもう帰路に就く時間だったが、みんなそんなことお構いなしで、早速ビジターの手続きを済ませてトレーニング開始!

GYMの中は、マシンがぎっしり、油断すると転んでしまいそうだ。
紀・龍太・涼太の3人が、今日のキーマン!
GYMマシンの入れ替えを、3人の意見が大きく左右する。
私と藤見君は、スタッフの竜也さんのにこやかな説明を受けながらマシンを試す。

重厚感があり、プロフェッショナルといった雰囲気を持つマシンだ。

勿論体にしっくりくるのは大前提である。

これは、以前訪問した際に分かっていたが、若手の意見も聞きたくて今日を計画した。
ウ~ン、冷静にならないと「全てのマシンを交換!」と言ってしまいそうだ(汗)。

お金が無いから、もちろんそうはできないが(笑)。

さて、1時間半のトレーニングで、各々はどう感じたか?
注文してから搬入まで5カ月を要するという事だが、後悔しないようにじっくりと考えたい。

はだか祭に賭ける男


8月5日の大会を終了し、当GYMの会員さんのハードすぎる毎日も終わりを告げた・・・
と思いきや、ただ一人、ちょーストイックにトレーニングしている子がまだいた。健人君だ。
健人君は去年の6月、浜松市のパサージュでトレーニングしている友人に触発されてマッスルに来た。

それから1年、ほとんど毎日「一所懸命」トレーニングに取り組んできた。
最初はベンチプレスも30キロがよれよれだったが、今では80キロを付けている。
「こんなに変わるとは思わなかった!」
とは、本人の弁。

さて、健人君が今!追い込んでいる理由は?それは「見付天神はだか祭」なのだ。
そして明日の夜が初日。
さっき来て「明日また朝来ます!」と、ニコニコして帰っていった。

「ちゃんと炭水化物摂ってね~」
どうやら頭の片隅に、「大会を目指す」という目標も生まれつつあるようだ。