2018年9月

マシン体験


エンサヨマシンの使用感を確認しようと、5人でファインラボを訪問した。
8時20分GYM集合。
みんな嬉しくてたまらないといった顔つき。

10時ごろ、二度目の朝ご飯を食べ、トレーニングに備える。
県内は車も少なくずっと順調でしたが、横浜から圏央道に入ると途端に渋滞で、昼前の到着予定が14時となった。
14時というと、予定ではもう帰路に就く時間だったが、みんなそんなことお構いなしで、早速ビジターの手続きを済ませてトレーニング開始!

GYMの中は、マシンがぎっしり、油断すると転んでしまいそうだ。
紀・龍太・涼太の3人が、今日のキーマン!
GYMマシンの入れ替えを、3人の意見が大きく左右する。
私と藤見君は、スタッフの竜也さんのにこやかな説明を受けながらマシンを試す。

重厚感があり、プロフェッショナルといった雰囲気を持つマシンだ。

勿論体にしっくりくるのは大前提である。

これは、以前訪問した際に分かっていたが、若手の意見も聞きたくて今日を計画した。
ウ~ン、冷静にならないと「全てのマシンを交換!」と言ってしまいそうだ(汗)。

お金が無いから、もちろんそうはできないが(笑)。

さて、1時間半のトレーニングで、各々はどう感じたか?
注文してから搬入まで5カ月を要するという事だが、後悔しないようにじっくりと考えたい。

はだか祭に賭ける男


8月5日の大会を終了し、当GYMの会員さんのハードすぎる毎日も終わりを告げた・・・
と思いきや、ただ一人、ちょーストイックにトレーニングしている子がまだいた。健人君だ。
健人君は去年の6月、浜松市のパサージュでトレーニングしている友人に触発されてマッスルに来た。

それから1年、ほとんど毎日「一所懸命」トレーニングに取り組んできた。
最初はベンチプレスも30キロがよれよれだったが、今では80キロを付けている。
「こんなに変わるとは思わなかった!」
とは、本人の弁。

さて、健人君が今!追い込んでいる理由は?それは「見付天神はだか祭」なのだ。
そして明日の夜が初日。
さっき来て「明日また朝来ます!」と、ニコニコして帰っていった。

「ちゃんと炭水化物摂ってね~」
どうやら頭の片隅に、「大会を目指す」という目標も生まれつつあるようだ。