2019年2月

本当に超快適!


花粉に悩まされる今日この頃、耳鼻科も凄く混んでいます。
症状の出方は、マスクを着けるのと着けないのとでは、天と地ほどの差があります。
私は今まで、二本のワイヤー入りのマスクを利用していましたが、どうしても鼻根部から息が漏れて(乱気流)、眼球が乾燥するという状況に悩まされてきました。でも、やっといいマスクに出会いました。鼻根部にピッタリフィットし、乱気流無し!おまけに、マスクの跡も残らない。張りが無くなったお肌には、これも大切な条件です。本当に「超快適!」

長女の事

長女の足の病気の事について、暫く触れていませんでしたが、病院通いはずっと続いており、今日かれこれ11件目となる病院で診察していただきました。
今月初め、埼玉の八潮中央総合病院 中島医師から「運動器カテーテル治療」というものを紹介され、今日は、東京のOKUNO CLINIC 奥野 佑次医師を尋ねました。
奥野医師は、もともと血管の専門医だったそうですが、「モヤモヤ血管」に対する「カテーテル治療」という治療法を開発され、現在はそちらを専門とされています。
「肩こり」「五十肩」「肘・膝・腰の痛み」「スポーツによる痛み」など、治りにくい関節の痛みに対して、「運動器カテーテル治療」は安全性が高く、大きな治療効果を発揮するそうです。
ただし、健康保険の適用外です。

診察を終え治療を始めようという矢先、カテーテルを挿入する足首の血管が細い事に奥野医師が気付き、急きょ治療は取りやめ、「血管のMRI」検査を勧められました。
「血管が細いため、血液が足に回っていかないのかも・・・」という所見です。
私は以前から、血管に問題があるのではないかと考え、血管造影をしてほしいという事を主治医にお願いしてみましたが、それについては先に進みませんでした。
今回、いよいよそこに踏み込んでの診察になるので、私としても「やっとここまできた・・・」という期待でいっぱいです。

最近の痛みの状態は、2~3分立っているだけで、人に体を支えてもらわなくてはいけないほど酷くなっています。
この春大学3年生になり、就活の事も考えていかなくてはなりませんが、今のままでは選択肢が大変狭くなってしまいます。
寝ている時以外、足の痛みと痺れから解放されることの無い今の状態から、少しでも早く解放してあげたいと心から思います。

今までかかったすべての病院の医師から「前例がない」「分からない」と言われてきましたので、あまり期待しすぎてはいけないのでしょうけれど・・・



スキンヘッドの巧妙

喜多野さんが
「俺ン半年ぶりに毛ー切ってきただん、だーれもなーんにも言ってくりゃーへん・・・」
とボソボソっとこぼしてきた。
私は藤見君にそーっと
「藤見君ふじみくん、喜多野さん髪の毛切ってきたで、何か言ってやってくれる・・・」
そうしたら、藤見君がすぐさま
「髪の毛かっこよくなってるじゃん」
と言うので、喜多野さんが
「たーかこさん、余分なこと言わんでもええだにー」
そうしたら、皆さんが一斉に
「おーいいじゃん!」
「かっこいいじゃんー!」
と言い出す。
今度は五朗さんが
「(安倍さんを前にして)ここで毛の話はしちゃーいかん・・・」
すかさず安倍さんが
「スキンヘッドって、ホントに楽ッくだに~シャンプーもコンディショニングもいらんし・・・
石鹸だけでいいだもん。一番いいのはさぁ、夏の暑い時に冷たいおしぼり!あれはホンットにきもちいいにー」
皆さん「お~!!!」と納得の表情でそれを聞いていた。
そうしたら、
「毛の話はしちゃあいかん」
って言っていた五朗さんが、
「ふんだけん、いつからハゲでいるだ?」
と、また笑えることを言う
「20年だよ・・・」と御年63歳の安倍さん。
「20年ー???」と、皆さん今度は驚いて・・・
知らなかったことを知るって、楽しいですねー(笑)








入口に注意!

総合病院へ行った。
長い待ち時間は、睡眠確保の絶好の時間です。
寝ぼけた顔で診察を受け、お会計はいつも、現金自動支払機のカード払いです。
カードをシュッと入れて、画面の変わるのを待つ。
いつもなら
「お会計は〇〇〇円です!」
と言うのですが、支払機は
「カードを入れてください!」「」カードを入れてください!」と何回も繰り返すので
「ハ?何言ってんの?入れたじゃん・・・入ったら?何言ってんの?」
と、独り言・・・しかし・・・
「あ?え?あ・・・嘘だら?やっぱり?」
となって、お札を入れる入口にカードを入れてしまっていたことに気付いた(汗)
しかも、入口には「カードはこちら」「お札はこちら」などと、しっかりお澄ましして表示されているにも拘らずだ。
「またか~、もーイヤ!こんな自分はイヤだ!」と、頭を過る。

中を覗くと
「あったー!うぅ、でもあそこじゃ取れん!」
仕方なく、窓口でジムをやっている知人を介して、奥の職員に伝言が回る。
中からドッと駆けつけてくれた職員4名!
しかもおじさん3人と30代くらいの落ち着いた女性1人、計4人も、こんなことの為に事務室から飛び出て来てくれた。
「うわーマージか~4人も?・・・涙」
10分ほどのチャレンジで、無事に診察券は戻ったが、疲れた~
多くの人に迷惑をかけてしまった、申し訳ありません。
こういうのって、ホント疲れる↓↓↓





村の灯り・・・

ほぼ、毎夜通っていた「コンビニ」が閉店という事態になった。
13日が最後でした。
昨日は、重機が入っていたので、建物まで壊してしまいうのかと、驚いたが、建物は残されていた。
夜、近くまで行ってみたら、店内は真っ暗、看板さえも外されていた。
私の住む地域は村なので、コンビニの灯が消えたら、本当に真っ暗になってしまった。
あのコンビニの灯りが、とても大きな意味を持っていたことを、今更ながら感じている。
あの灯りが戻るのなら、私がコンビニをやりたいとさえ思う(笑)
灯りもそうだが、やはり仕事を終えた後の〇〇に、
「困ったな・・・」
と、ため息の出る私です。

たいやき鉄二

東京駅構内で、「たい焼き鉄二」というたい焼き屋さんを見つけました。皮が、きんつばみたいに薄くて、形が丸いたい焼きです。あんこ好きな私が、買わない道理が無い。六枚購入!
家に到着して、直ぐにオーブンの火を入れる。皮をパリパリにする・・・パクっ!うまっ!
キツすぎないあんこの甘味と固さが、とてもいいです。東京に出たら、必ず買うお土産になりそうです。

ウーマンズスタジオの工事


電気屋さんと、配管工事屋さんが入り、とてもきれいになりました。

節分の豆はどこへ撒く?

Muscle & Beautyuには、しゃべる百科事典が3人いる。
そのうちの一人が、喜多野さんだ。
「節分の豆はどっちの方向へ撒く?」

「うちは南玄関なんで、鬼がそっちから入って来るもんで南です。」
子・丑・寅・・・の方向を指さしながら
「ダメダメ~子・丑・寅・・・の丑には角んあるら?寅は、鬼は寅のパンツ穿いて角んはえてるら?
だもんで、こっちが鬼門の方角だもんで、こっちへ(鬼門)撒かにゃあ・・・」
「で、豆はスーパーで買って来るじゃあダメだでね、ちゃんと神社でもらって来るだにー・・・」
ということで、3日は楽しい節分。
今年は日曜日なので、我が家の鬼役がうちにいるかな?
鬼のお面をかぶってくれるかどうか・・・

トレーニングモデル喜多野

看板モデル 喜多野さん

建物南のガラス窓に8枚の看板写真を掲載しました。
その中の1枚を賑わせているのが、66歳の喜多野さんです。
「多賀子さん、あの看板はいつまで飾っとくだ?」
「そりゃーお金かかってるで、5~6年は・・・う~ん10年ぐらいは・・・汗」
「そーかー・・・あと10年死ねんなー
『あの人は?』って聞かれて、『もう亡くなりました(泣)』じゃあいかんでな~(しみじみ)。」
「頑張って下さいね。宜しくお願いします」
で、今朝もウォーキング1時間・バイク30分・筋トレ1時間半、
フーフー言いながら頑張っていました。
「そんなエラけりゃやめろー!!!」
と、親友であり義弟である五朗さんに言われながら・・・・(笑)