死の直前、人が最も多く後悔する5つのこと

「死の直前、人が最も多く後悔する5つのこと」 というタイトルが、響きました。
『死ぬ瞬間の5つの後悔』(ブロニー・ウェア著・仁木めぐみ訳)の中身を要約したレビューのさわりの部分ですが・・・
生きている限り、すべての人に死が訪れる。にもかかわらず、命の期限を知ったとき、なぜ人は後悔するのだろうか。本書『死ぬ瞬間の5つの後悔』に登場する患者のほとんどは、自分にはもう時間が残されていないことを知っている。次第に体が衰え、ひとりで動き回ることすらままならない。そのとき、物質的な欲や他人の思惑などにとらわれる必要はなかったと気づき、自分にとって本当に大切なことが見えてくる。そして、それを後回しにしてきた自分に憤りを感じ、後悔を抱く。「死ぬ瞬間の5つの後悔」は、「自分に正直な人生を生きればよかった」「働きすぎなければよかった」「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」「友人と連絡を取り続ければよかった」「幸せをあきらめなければよかった」である。

後悔を無くす生き方のコツ
①自分の本心に向き合い「気がかり」を無くす
②すべての幸福に感謝
③正直に生きるためには「勇気」を持つ
だそうです。

?Gg[???ubN}[N??