2021年4月

マシンリニューアル

2021年4月25日(日曜日)マシンをリニューアルしました。

みんなのにこにこ顔が、目に浮かびます。
早く明日にならないかな・・・

木原 晃です。宜しくお願いします。

はじめまして。

木原 晃(きはら ひかる)です。
神奈川県出身の22歳です。

小学校1年生の頃から16年間器械体操をやってました。
昨年、体操競技を引退して現在は静岡産業大学で体操部のコーチをしています!

趣味は体を動かす事や食べる事、ゲームをしたり動画編集や動画を見る事などたくさんあります!
基本的にどんなことでも興味があり好きなことが多いです。
その中でも特に好きなスポーツは体操で自重トレーニングが得意です!
トレーニング器具はあまり使用したことがないのですが、使い方など少しずつ覚えていき皆様のお役に立てるように頑張ります。

宜しくお願いします!
#体操 #アクロバット #指導者 #宜しくお願いします

「氷砂糖」はいかがですか?

カウンター上のキャンディーは「塩分チャージタブレット」と「氷砂糖」にチェンジ」!!

ゴールデンウィーク目前。
気温も上昇してきて、天井の扇風機も回り出しました。
トレーニングパフォーマンスを更に高めるために「塩分チャージタブレット」と「氷砂糖」はいかがですか?

「氷砂糖」には、懐かしい思い出があります。
小学生時代の放課後、夏の水泳練習を終えて、先生が子どもたち一人一人の口に、小さいスプーンですくった「氷砂糖」をひとつずつ放り込んでくれましたっけ。
私たちは横並びで口を「あ~ん〇」と開けて待っているのです。

あの一粒の「氷砂糖」が本当に楽しみでした(懐かし涙・・・)。

静岡県パワーリフティング・ベンチプレス選手権大会

2021年4月11日(日)、浜松市新橋体育センターにて静岡県パワーリフティング・ベンチプレス選手権大会が開催されました。1年ぶりの大会に、どの選手もやる気満々!!

マッスル&ビューティからは5名の選手が出場しました。チームワークも良く、それぞれ良い記録を差すことが出来ました。

左から寺田万寿男選手・石川雅人選手・私の右が奥野奈美選手(初出場)・吉永慎吾選手(初出場)・石川?一選手

当日は、世界大会の常連である 福島勇輝選手も出場していました。福島勇輝選手の技を目の当たりにして、選手の皆さんは、ますますやる気を出したようでした。

「プレート補助員」という本当に大変な仕事を引き受けてくれた大石直樹君、早朝から表彰式終了まで、本当に有難うございました。
また、応援に駆けつけて下さった五朗さん・袴田佳秀君、練習時に選手の手助けをしてくれた直樹君・正太君、本当に有難うございました。

選手同士、お互いに助言し合いながらトレーニングしている姿を見て、私はとても嬉しい気持ちでした。
さあ、次の目標に向けてまた頑張りましょうね!!

マッスル&ビューティー33周年

2021年4月8日、マッスル&ビューティーは33周年を迎えました。
ジムをご愛顧頂いている皆様のおかげです、本当に有難うございます。
方向を見誤ること無く、これからも精進します。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

このミニ欄は、30周年の時にいただいたものです。
今年も花が咲きました

除脂肪量と死亡リスク

4月6日(火)の日の夕刊
体組成分析 除脂肪量増⇒死亡リスク低下
の見出しが目に入りました
死亡リスクを判定する上で「BMI 体格指数」がひとつの目安になる指標としてよく用いられますが、ドイツの研究グループが「除脂肪量」や「体脂肪量」等も死亡率に関係しているということを発表したそうです。

調査対象患者を4つのグループに分けて比較・・・

「除脂肪量」では、多いほど死亡率が低下するという結果だったそうです。
また「体脂肪量」については、少ない方から2番目のグループが、最も死亡率が低かったそうです。

やはり筋トレで貯筋することには、深い意味がありますね。
体脂肪が多すぎるのは健康に悪影響ですが、少なすぎるのも死亡リスクを高めるということは、興味深いですね。年中体脂肪率を低い状態に保つということは、寿命を縮める事に繋がるようです。
免疫力向上・ホルモンの製造その他に、脂肪(コレステロール)が、重要な役割を担っていると言われますものね。

ぜひ、タニタの「体組成計」で定期的に「体組成チェック」を行ないましょう。


青いラップ

「青いラップ」見たことある?


3月25日(木)、娘の大学卒業式があり、前日は池袋のホテルメトロポリタンに宿泊しました。
夕食を頂こうとホテル内の日本料理店「花むさし」へ。カウンター席に座って厨房を覗いていると、今まで見たことも無い「青いラップ」が目に入りました
なぜ青なのかと聞いてみると
食品には『青』い色が無いので、ラップがそのまま食品にくっついていても直ぐに見つけ出すことが出来ますから。」
とのこと。なるほど~・・・
そこで調べてみました

青いラップの存在意義

ブルータイプと呼ばれる青い色のラップを製造している日立によると、青い色のラップは食品工場や介護施設、給食調理、ホテルの厨房などで多く使われ、食の安全性に繋がると説明されています。これらの施設は、お客様に提供する食事に不備があっては大問題になってしまう場所ばかりです。

そうです、万が一ラップが食品の中に混入してしまっても、すぐに気付けるように青いラップは重宝されているのです。

他にも、食材や保存期間ごとに色で分けるなど、アイディア次第で様々な使い方ができるとのことです


因みにお値段は、透明ラップの4倍だそうです
食の安全の為には、ラップの色にまで拘るレストランでした