今日の授業で学んだこと

こんばんは、アルバイトの岩並飛翔(いわなみ つばさ)です。
今日の小澤教授の講義「スポーツ教育」では、「なぜ、子供は運動量が多くても疲労感が少ないのか」という授業内容でした。
私なりの大人が疲れやすい理由は「年齢や体力の衰えから来る疲労」だと思っていました。
講義を受けて、子供の疲れない理由が
「生まれ持った遅筋と速筋という筋肉があって、子供はまだ、遅筋が優れていて速筋は未発達だから、子供は疲れにくい」ことを知りました。
そして、大人が疲れやすい理由は、
「大人は速筋が発達し、主に速筋を使うスポーツをやることによって、子供の時より疲れやすくなる」ことを知りました。
そして、この講義「スポーツと教育」で初めに思っていた概念が、しっかりとスポーツ科学で求められた理由があって、こういう何気ない「子供が疲れない」理由というところでも、スポーツ科学が使われていることを知った。
?Gg[???ubN}[N??